読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次元Traveler

J事務所という沼に浸かったが最期。

コインロッカーベイビーズ雑記

自分用のメモだから脈絡も構成も何もないよ。






終わった直後の"作品"に対しての一言を挙げるとすればまず間違いなく「ふーん」だった。



その理由は後述するとして、この"舞台"が好きか否かだけでいうなら間違いなく好きだし良い舞台だと感じた。というのも、よくもまぁあの頁数を2時間程度で綺麗にまとめたなというのが大きい。
(綺麗にまとめられたが故に「あれ、こんな実写MWみたいな雰囲気の作品だっけ」と思ったのは余談)

想定以上に原作が大事にされているのを感じたし、要であろう『音』も耳馴染みが良い。なるほどこれは確かにミュージカルというよりは音楽劇に分類される、その分演出も構成も妙な癖がない。
観る前にゲネの写真が流れていて、そこで鰐のぬいぐるみを見かけた際に正直唖然としたが、それも全体の雰囲気としての陳腐さにマッチしていて不自然は感じなかった。
とにかく飽きないし、テーマの割にすんなり頭に入ってくる仕様になっているのは凄い。カテコで急に役が演者に戻って現実に戻してくるのも、決して良いとは言えない後味を洗い流すのには絶妙だった。

ただ欲を言うならガゼルとダチュラの描写だけはもう少し欲しかったかなとは思うけど、こういうのってそういう手法の方が頭回転するからいいところもあるのかね。



"役者"の話をすると、まずもって河合ちゃんのキクの目が凄く良い。元々自身の造形的な強さもあるだろうけど、それを抜きにしても強い。
柵の向こうで再会した自分の知らないハシに対して、到底理解出来ないものとして見る不快さと憐憫を露わにしたそれ。鰐の国のアネモネに対する、明らかな呆れと一掬いの愛しさを含んだようなそれ。ハシとの面会の際の、喉から全てを出したいのに何も出せないような感情を現したそれ。
全てにおいて含みの巧い良い目、良い表情するものだなとつくづく思った。


ハシはふわふわしていた。橋本としてではなくハシとしてちゃんとふわふわしていた。それがあってこそ最後のシーンのハシの強い眼差しが活きていたなと思う。
それから「狂気」って芝居の中では演じやすい類のものって割と聞くけど、にしたってキクと面会するシーンのハシは単純に不気味だなとしか感じなかったらそれも凄かった。何処まで細微に意識しているかは分からないけれど、シーンごとの声の高低差も好き。


『真田佑馬』。
私が彼という人間を大して知らない状態で観ていたとしたら、何人かのアンサンブルがそれぞれ個々に芝居をしていたんだと思うだろう。思うというか、複数の存在として判断して気にも留めなかったはずだ。各々特性が違い過ぎる役柄というのは考慮に入れるにしても、振り幅が凄まじい。
というか実際山根に至っては割と気づかなかった、暫くしてから「…あ、これも真田さんか」と思った。全てが真田佑馬ではなく別個の人間で、何とも抽象的だが演者ではなく役者だった。


昆夏美さんはメジャーでのデビュー当時からちょくちょく拝見している方だが、相変わらずあのかわいらしさに反するパワフルさと意志の強さが大変好きで、それが今回アネモネに相まって最高に魅力的だった。キクとアネモネの男女的なシーンはアダルトな面もありながらそれ以上にかわいらしくて、一連の流れの中で間違いなく一番にわくわくしたし心が躍った。「舌出して」に対するアネモネの表情が最高にかわいいから、キクもっとやって。


シルビアさんの演じるニヴァは良い女だな。感情移入とは無縁の作品だったけれど、刺された後のニヴァの様子を見ていると自然と涙が出た。最期にハシに語りかける言葉が、激励のようでありながら、呪いのようでゾッとしたのも印象的。
『女は自分の所有物を欲するから子供を産む』という某小説の台詞が好きで私はそれをよく覚えているけれど、ニヴァは同性愛者であるハシだからこそ本来男であるハシが合わせもった女性的な面で欲した所有物だったのかもしれない。


ROLLYさん(ジュリーみが凄かった)も芋洗坂係長もアンサンブルの方々も死ぬ程個性が強い。だけど変に鼻にはつかない、ぶっ飛んでいるんだけど要所要所で至極普通さも出してくるから痺れた。2幕頭の裁判のシーンとかそこにいたキク以外の全てに対して心底「最低だな」という感想を抱いたので感服。




以下の前提として、私が原作を読んだのは小学生の時であり、描写に対する詳細な記憶は大してない。


今回の舞台化を通して改めて感じたのはこの作品は全てが対比で出来ているんだなということ。キクとハシの出生以外の人生の対比は勿論のこと、作品自体も。誕生と破壊、コケティッシュなのに青臭くて、アングラで退廃的なのに根本は道徳的で、そして近未来でありながらどこか題材の古臭さを感じる。
毒々しいのに美しいのはこれらの対比のせいかな、否それすらも対比だけど。


ただ個人的には、恐らく原作を含めた制作側が訴えたいであろう衝動やエネルギーというもの(が存在するのであればそれ)はまるで感じなかったし、心も動かされなかった。いっそ不明瞭なものにしかうつらなかったし、別段爽快感もない。
その大半の理由が、私は自身を『それなりに裕福に、どちらかというと高度である教育を受け育ち、現在自覚として精神的にも安定している、そしてこの世界に閉塞感を感じない恵まれた人間である』と思っているため。要するに私はどうあがいての自分探しの旅等に出掛けたりしない、自身の生に疑問を抱いたりしない、自己認識の無駄に強い人間な訳である。きっとそれがコインロッカーに閉じ込められたことに気づいていない、壁を認識していない"つまらない若者"とされるのだとは感覚として理解した上で。
だなんて我ながら嫌味な書き方したけど。

近代ではなく現代における純文学中の純文学。到底理解の出来ない低俗と紙一重の芸術。人によってはこのフィクションが限りなくノンフィクションに捉えられてきっと何らかの感銘を受けるのだろう。だからこそ私にとってはSFでしかなかったし何の感動もなかった、故に純粋に"作品"以上に今回の"舞台化"を楽しめた。


冒頭の「ふーん」はそういうこと。



ともかくとして単純にえび担からしてみるとこの舞台にグループから2人もメインを張らせて貰ってありがとう!!!に尽きた。個々の好みはどうあれ役者として最高のステップアップでしょう。


とりあえず初回の観劇での雑記はこんなもの。ところでこれ書いている時点でパンフをまだ全く開いていないから、酷く見当違いなこと言ってても御愛嬌。




〆にもならないが、最後にそれこそ低俗なこと言うと、上下両手でキクとハシそれぞれが女抱いてるシーンを観るのに私が2人いればいい、それが叶わないのなら防振か最前が2公演分欲しい。

これが然るべき若者の欲望か?
こんな低俗なものじゃないことだけは私にだって分かる。