読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次元Traveler

J事務所という沼に浸かったが最期。

2016年下半期現場まとめ

メモのみ。
 

■8月

8/10
A.B.C-Z Star Line Travel Concert@代々木 17:00
8/11
A.B.C-Z Star Line Travel Concert@代々木 12:30
A.B.C-Z Star Line Travel Concert@代々木 17:00
8/12
SUMMER STATION ジャニーズキングダム@EX 18:00
8/14
Summer Paradise2016 風 are you?@TDC 17:00
8/27
Summer Paradise2016 ハシツアーズ~もうかわいいなんて言わせない~@TDC 17:00


■9月

9/7
少年たち 危機一髪!@日生 18:00
9/11
少年たち 危機一髪!@日生 18:00
9/18
A.B.C-Z 感謝祭@仙台 2部
9/19
少年たち 危機一髪!@日生 13:00
9/22
少年たち 危機一髪!@日生 13:00
縁~むかしなじみ~@クリエ 18:00

(チケット所在不明だが少なくともあと3回は日生入っている)


■10月

10/1
A.B.C-Z Star Line Travel Concert@大阪 17:00
10/2
A.B.C-Z Star Line Travel Concert@大阪 17:00
10/8
ABC座2016 株式会社応援屋~OH&YEAH~@日生 18:00
10/12
ABC座2016 株式会社応援屋~OH&YEAH~@日生 18:00
10/18
ABC座2016 株式会社応援屋~OH&YEAH~@日生 18:00
10/22
ABC座2016 株式会社応援屋~OH&YEAH~@日生 18:00
10/23
ABC座2016 株式会社応援屋~OH&YEAH~@日生 17:00
10/28
音楽劇『ダニー・ボーイズ』~いつも笑顔で歌を~@フォーラムホールC 19:00
10/30
A.B.C-Z Go!Go!5公開録音@駿河台大学 13:00


■11月

11/14 少年収@NHK


■12月

12/4
23階の笑い@サザンシアター 12:30
12/24
シェイクスピア物語」~真実の愛~@KAAT 17:00
12/31-1/1
ジャニーズカウントダウン 2016-2017@東京ドーム 23:00


12月のシェイクスピアもっと行きたかったなと思うけれど1月があるので贅沢は言わない。心残りがあるとすれば今年のキスマイは行っておきたかったかもしれない。

とりあえず2016年下半期の私に最も言いたいことは、9月頼むから落ち着いて欲しかったということ。





■下半期ジャニーズ以外

(7/16 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学vs氷帝@TDC 18:00)
(7/17 『ママと僕たち』~たたかえ!!泣き虫BABYS~@AiiA 13:00)
(7/18 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学vs氷帝@TDC 13:00)
(7/23 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学vs氷帝@TDC 18:00)

(8/21 ミュージカル『インザハイツ』@オーチャード 13:00)
(8/29 青春ディスカバリーフィルム舞台挨拶上映@シネマート 21:15)
(8/30 M.S.S Project ~Soul Meeting Tour 2016~@中野サンプラザ 18:30)

(9/3 超歌劇『幕末Rock』黒船来航@EX 18:00)
(9/23 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学vs氷帝@TDC 19:00)
(9/30 音楽劇 金色のコルダ Blue♪Sky Prelude of 至誠館@1010 19:00)

(10/5 Nissy Entertainment 1st LIVE@代々木 18:30)
(10/9 仮面ライダーマッハ/ハート舞台挨拶付き完成披露上映会@品川 12:05)
(10/9 仮面ライダーマッハ/ハート舞台挨拶付き完成披露上映会@品川 15:25)
(10/16 テニプリフェスタ2016~合戦~梅の会@武道館 17:30)

(11/12 ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』2~信越地方よりアイをこめて~@AiiA 18:00)
(11/15 AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER-@東京ドーム 18:00)
(11/19 ミュージカル「黒執事」~NOAH'S ARK CIRCUS~@TDC 17:00)
(11/23 SHINee WORLD J OFFICIAL FANCLUB EVENT 2016@たまアリ 13:30)
(11/26 ミュージカル「黒執事」~NOAH'S ARK CIRCUS~@TDC 17:00)
(11/27 ミュージカル「黒執事」~NOAH'S ARK CIRCUS~@TDC 12:00)
(11/27 ミュージカル「黒執事」~NOAH'S ARK CIRCUS~@TDC 17:00)
(11/30 EXO PLANET #3 – The EXO'rDIUM in JAPAN@東京ドーム 18:00)

(12/1 EXO PLANET #3 – The EXO'rDIUM in JAPAN@東京ドーム 18:00)
(12/3 M.S.S Project ~光と闇のファンタジア~@パシフィコ横浜 18:00)
(12/9 SHINee WORLD V in JAPAN@横浜アリーナ 18:30)
(12/11 SHINee WORLD V in JAPAN@横浜アリーナ 15:00)
(12/18 ミュージカル「黒執事」~NOAH'S ARK CIRCUS~大千穐楽ライブビューイング 17:00)


11月やけにはしゃいでるなと思ったけれど考えてみるとジャニ現場がないのか…。

じゃにーずおたく自己紹介ばとん



ゆづきさんに颯爽とのっかるぞ~~





じゃにーずおたく自己紹介ばとん


【名前】中


【今の担当は?(複数可)】

名前:五関さん
好きなところ:1番はやっぱり何よりダンスで、あとは本人がそれを大事にして一辺倒でいてくれるところ。
担当になったきっかけ:当時すでに一番目で追っていた存在だったところに、元担が全国デビューを果たし「あーこれでもう元担は安心だ!」という今思うと非常に謎目線なきっかけが生まれたため。
という訳で私の担降り記念日は2004年9月22日で関ジャニ∞の全国デビュー日であり、かつ元担の誕生日です。なんじゃそりゃ。


【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

小1の頃友人に見せて貰った三宅健の顔面が全ての元凶。


【担当遍歴】

渋谷さん→五関さん


【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

沢山あるけど、えび担としてあげるなら河五と戸塚田という今でいうところの旧シンメ。
ちょっとした癖もタイミングもスタンスの取り方も細かい手足の所作も位置も、挙がる足の高さまでが各々で常にシンクロするかのようなこのシンメたちが好き。*1
今回のSLTツアーのFaFの大サビで久しぶりに橋本をセンターに置いた状態でのそれらを見た時の興奮といったらなかった。


【1番心に残ってる現場】

自担のいたものは割とどれだってだけど、1つ選ぶならタキツバ5周年ツアー。それ程にDO ME CRAZYという1曲の衝撃は大変大きかった。*2

観覧を現場に含めるのならば2007年2月放送分の少クラ観覧もかなぁ。スタシカで4人に順にピンスポが当たった時のあの高揚は忘れない。


【初めて行った現場】

恐らくV6の春1番コンサート


【最近行った現場】

えびSLTやららぶすのやら風磨ソロやら橋ソロやら。


【次行く現場】

少年たちが直近、自担絡みならファンミとえび座!


【記憶に残ってるファンサ】

2007年6月17日の「誕生日おめでとう」うちわの話。*3


あとセクパワで見かけた「撃って」うちわに対するれいあちゃんのウインク付き弓撃ちキューピッドファンサ。


【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

ジャニ全体だと全く選べないのでえびだけでtop3!!

1.STAR SEEKER
2.In The Name Of Love~誓い
3.BIG STAR

以下順不同レベルなので特筆する理由はないけれど、1位に関しては8割思い入れ。


【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

1.Understandable/中丸雄一
動きがちょこまか面倒極まりなくて最高。

2.仮面/タッキー&翼
サビの仰け反るとこ。

3.In The Name Of Love~誓い/A.B.C-Z
肩!!!!!!!!!!!!!

ぱっと思いついたもの書いたけどこれきっと後から後から出てくるやつだから30位くらいまで順不同でお願いしたい。


【自分がJr.になれたらバックにつきたい曲】

どうあがいてもリアデラ!!!


【1番好きな衣装】

えび関連ならまず間違いなく4人時代から持ってるスタシカの黒金衣装、最近Princeが着てるやつ。
f:id:yrmzzz:20160831214447j:plain
(なのだけど、これって結局ちゃんと揃いで橋本分作ってもらったっけ?マイナーチェンジされたっけ?)

星劇場の緑ジャケとかも好きだな~強そうなのは何でも好き。


【1番好きなペンライト】

メリケンサック


【よく買う雑誌】

オタ誌5冊は必ずで、テレビ誌もほぼ購入。
あとその都度出るものをえびなら全買い、他は吟味。*4


【この映像は見て欲しい!というオススメ】

花言葉通常盤の特典。正直本編よりとにかく特典。
ABC座2015第二部 THE SHOW 「We Love A.B.C-Z」、これが私の愛するアイドルです。


あとえびじゃないけどこの辺。

TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(ブックタイプ・ジャケット) [DVD]

TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(ブックタイプ・ジャケット) [DVD]


【ジャニヲタになる前の趣味は?】

幼少期にほぼ同時で二次元と特撮にハマっているので何とも。
単純に他の趣味なら、読書と電車と軍事。


【最近気になっている子】

橋パラで度肝を抜かれた福本くん


【最後に一言!】

バトンという単語に胸をうたれました、ありがとうございました。

*1:ふみとつと塚五がどうこうという訳ではないのでそこは勘違いしないで欲しい。

*2:1番財布に大ダメージが残った現場ならTOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You

*3:TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II Youにおける東京ドームオーラス公演

*4:ジャニ関連以外なら特撮系とかJUNON。一般的な雑誌の話Soup.とかダ・ヴィンチ

2016年上半期現場まとめ

メモのみ。
 

■1月
1/1
Johnny's World@帝劇
1/3
YOUは何しに?タッキー&翼CONCERT そこにタキツバが私を待っている 正月は東京・大阪へ@横浜アリーナ 18:00

■2月
2/25
渋谷すばる LIVE TOUR 2016 歌@Zepp Namba

■3月
3/24
Endless SHOCK@帝劇
(チケット紛失日程不明 Endless SHOCK更に4公演)

■4月
4/13
ジャニーズ野球大会
4/23
劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』初日舞台挨拶@新宿バルト 16:40
4/24
Welcome to Sexy Zone Tour@代々木 16:00

■5月
5/1
KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!”@東京ドーム
5/8
劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』大ヒット御礼舞台挨拶@新宿バルト 13:00
5/22
ボクの穴、彼の穴。@パルコ劇場
5/29
寝盗られ宗介@新橋演舞場 15:00

■6月
6/9
コインロッカー・ベイビーズ@ACT 13:30
6/11
NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO@東京ドーム


遊戯王舞台挨拶はジャニーズ項目に含めて正解なのか教えて風間さん。
それから現場ください五関さん。




■上半期ジャニーズ以外
(1/9 SUPER JUNIOR Special Event"SUPER CAMP"in Tokyo@有明 19:00)
(2/16 SHOW BY ROCK!! MUSICAL 18:30)
(2/20 仮面ライダードライブサーガ『仮面ライダーチェイサ―』舞台挨拶つき完成披露試写会@大泉 15:40)
(2/21 超★超歌劇『幕末Rock』DVD発売記念イベント 3部)
(3/24 SHINee WORLD 2016 ~D×D×D~@代々木)
(3/27 舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~@神奈川 17:00)
(4/3 朗読劇『雲は湧き、光あふれて』@紀伊國屋サザンシアター 17:00)
(5/4 仮面ライダーゴーストスペシャルイベント)
(5/12 舞台『刀剣乱舞』 14:00)
(5/14 SHINee WORLD 2016 ~D×D×D~@京セラ)
(5/15 SHINee WORLD 2016 ~D×D×D~@京セラ)
(5/18 SHINee WORLD 2016 ~D×D×D~@東京ドーム)
(5/19 SHINee WORLD 2016 ~D×D×D~@東京ドーム)
(5/25 ダイハツトーテム東京最終公演 19:00)
(6/4 SUPER JUNIOR-KYUHYUN JAPAN TOUR 2016 ~Knick Knack~@幕張 18:00)
(6/5 輝馬バースデーファンツアー)
(6/12 ミュージカル「青春鉄道」BD&DVD発売記念イベント)
(6/25 柿喰う客フェスティバル2016 『フランダースの負け犬』)


仕方がないとはいえ2.5多いなぁ。

コインロッカーベイビーズ雑記

自分用のメモだから脈絡も構成も何もないよ。






終わった直後の"作品"に対しての一言を挙げるとすればまず間違いなく「ふーん」だった。



その理由は後述するとして、この"舞台"が好きか否かだけでいうなら間違いなく好きだし良い舞台だと感じた。というのも、よくもまぁあの頁数を2時間程度で綺麗にまとめたなというのが大きい。
(綺麗にまとめられたが故に「あれ、こんな実写MWみたいな雰囲気の作品だっけ」と思ったのは余談)

想定以上に原作が大事にされているのを感じたし、要であろう『音』も耳馴染みが良い。なるほどこれは確かにミュージカルというよりは音楽劇に分類される、その分演出も構成も妙な癖がない。
観る前にゲネの写真が流れていて、そこで鰐のぬいぐるみを見かけた際に正直唖然としたが、それも全体の雰囲気としての陳腐さにマッチしていて不自然は感じなかった。
とにかく飽きないし、テーマの割にすんなり頭に入ってくる仕様になっているのは凄い。カテコで急に役が演者に戻って現実に戻してくるのも、決して良いとは言えない後味を洗い流すのには絶妙だった。

ただ欲を言うならガゼルとダチュラの描写だけはもう少し欲しかったかなとは思うけど、こういうのってそういう手法の方が頭回転するからいいところもあるのかね。



"役者"の話をすると、まずもって河合ちゃんのキクの目が凄く良い。元々自身の造形的な強さもあるだろうけど、それを抜きにしても強い。
柵の向こうで再会した自分の知らないハシに対して、到底理解出来ないものとして見る不快さと憐憫を露わにしたそれ。鰐の国のアネモネに対する、明らかな呆れと一掬いの愛しさを含んだようなそれ。ハシとの面会の際の、喉から全てを出したいのに何も出せないような感情を現したそれ。
全てにおいて含みの巧い良い目、良い表情するものだなとつくづく思った。


ハシはふわふわしていた。橋本としてではなくハシとしてちゃんとふわふわしていた。それがあってこそ最後のシーンのハシの強い眼差しが活きていたなと思う。
それから「狂気」って芝居の中では演じやすい類のものって割と聞くけど、にしたってキクと面会するシーンのハシは単純に不気味だなとしか感じなかったらそれも凄かった。何処まで細微に意識しているかは分からないけれど、シーンごとの声の高低差も好き。


『真田佑馬』。
私が彼という人間を大して知らない状態で観ていたとしたら、何人かのアンサンブルがそれぞれ個々に芝居をしていたんだと思うだろう。思うというか、複数の存在として判断して気にも留めなかったはずだ。各々特性が違い過ぎる役柄というのは考慮に入れるにしても、振り幅が凄まじい。
というか実際山根に至っては割と気づかなかった、暫くしてから「…あ、これも真田さんか」と思った。全てが真田佑馬ではなく別個の人間で、何とも抽象的だが演者ではなく役者だった。


昆夏美さんはメジャーでのデビュー当時からちょくちょく拝見している方だが、相変わらずあのかわいらしさに反するパワフルさと意志の強さが大変好きで、それが今回アネモネに相まって最高に魅力的だった。キクとアネモネの男女的なシーンはアダルトな面もありながらそれ以上にかわいらしくて、一連の流れの中で間違いなく一番にわくわくしたし心が躍った。「舌出して」に対するアネモネの表情が最高にかわいいから、キクもっとやって。


シルビアさんの演じるニヴァは良い女だな。感情移入とは無縁の作品だったけれど、刺された後のニヴァの様子を見ていると自然と涙が出た。最期にハシに語りかける言葉が、激励のようでありながら、呪いのようでゾッとしたのも印象的。
『女は自分の所有物を欲するから子供を産む』という某小説の台詞が好きで私はそれをよく覚えているけれど、ニヴァは同性愛者であるハシだからこそ本来男であるハシが合わせもった女性的な面で欲した所有物だったのかもしれない。


ROLLYさん(ジュリーみが凄かった)も芋洗坂係長もアンサンブルの方々も死ぬ程個性が強い。だけど変に鼻にはつかない、ぶっ飛んでいるんだけど要所要所で至極普通さも出してくるから痺れた。2幕頭の裁判のシーンとかそこにいたキク以外の全てに対して心底「最低だな」という感想を抱いたので感服。




以下の前提として、私が原作を読んだのは小学生の時であり、描写に対する詳細な記憶は大してない。


今回の舞台化を通して改めて感じたのはこの作品は全てが対比で出来ているんだなということ。キクとハシの出生以外の人生の対比は勿論のこと、作品自体も。誕生と破壊、コケティッシュなのに青臭くて、アングラで退廃的なのに根本は道徳的で、そして近未来でありながらどこか題材の古臭さを感じる。
毒々しいのに美しいのはこれらの対比のせいかな、否それすらも対比だけど。


ただ個人的には、恐らく原作を含めた制作側が訴えたいであろう衝動やエネルギーというもの(が存在するのであればそれ)はまるで感じなかったし、心も動かされなかった。いっそ不明瞭なものにしかうつらなかったし、別段爽快感もない。
その大半の理由が、私は自身を『それなりに裕福に、どちらかというと高度である教育を受け育ち、現在自覚として精神的にも安定している、そしてこの世界に閉塞感を感じない恵まれた人間である』と思っているため。要するに私はどうあがいての自分探しの旅等に出掛けたりしない、自身の生に疑問を抱いたりしない、自己認識の無駄に強い人間な訳である。きっとそれがコインロッカーに閉じ込められたことに気づいていない、壁を認識していない"つまらない若者"とされるのだとは感覚として理解した上で。
だなんて我ながら嫌味な書き方したけど。

近代ではなく現代における純文学中の純文学。到底理解の出来ない低俗と紙一重の芸術。人によってはこのフィクションが限りなくノンフィクションに捉えられてきっと何らかの感銘を受けるのだろう。だからこそ私にとってはSFでしかなかったし何の感動もなかった、故に純粋に"作品"以上に今回の"舞台化"を楽しめた。


冒頭の「ふーん」はそういうこと。



ともかくとして単純にえび担からしてみるとこの舞台にグループから2人もメインを張らせて貰ってありがとう!!!に尽きた。個々の好みはどうあれ役者として最高のステップアップでしょう。


とりあえず初回の観劇での雑記はこんなもの。ところでこれ書いている時点でパンフをまだ全く開いていないから、酷く見当違いなこと言ってても御愛嬌。




〆にもならないが、最後にそれこそ低俗なこと言うと、上下両手でキクとハシそれぞれが女抱いてるシーンを観るのに私が2人いればいい、それが叶わないのなら防振か最前が2公演分欲しい。

これが然るべき若者の欲望か?
こんな低俗なものじゃないことだけは私にだって分かる。

2015年下半期現場まとめ

メモのみ。
 

■7月
7/4
A.B.C-Zファンミーティング「海辺で、聴いて!見て!さわってA.B.C-Z」@東京2部
7/18
ミュージカル「ファウスト~最後の聖戦~」 17:30
7/19
ミュージカル「ファウスト~最後の聖戦~」 17:30
7/20
ミュージカル「ファウスト~最後の聖戦~」 13:00

■8月
8/2
Summer Paradise in TDC『風 is a Doll?』 17:00
8/9
Summer Paradise in TDC『Love Ken TV』 17:00
8/23
Summer Paradise in TDC『A.B.C-Z Ha"ss"hy★Concert』 13:00
8/28
Summer Paradise in TDC『A.B.C-Z はじめようAtoZを!!』 18:00
8/29
Summer Paradise in TDC『A.B.C-Z はじめようAtoZを!!』 13:00
8/29
Summer Paradise in TDC『A.B.C-Z はじめようAtoZを!!』 17:00
8/30
Summer Paradise in TDC『A.B.C-Z はじめようAtoZを!!』 17:00

■9月
9/14
MUJIC JAPAN観覧
9/19
KisーMyーFt2コンサートツアー2015 CONCERT TOUR KIS-MY-WORLD@東京ドーム 17:00
9/20
DREAMBOYS2015 17:00
9/28
少年たち

■10月
10/16
ABC座2015 18:00
10/18
ABC座2015 17:00
10/25
ABC座2015 12:00

■11月
なし

■12月
なし


夏に生き急いだ感というか上半期に引き続き現場が少ない、ガムシャラに行けていないのが大きいかも。
来年も自担ユニは勿論として事務所のために諭吉の尻を叩いて頑張ります。

なお、同様に上半期に引き続き以下が本題。
そりゃ事務所現場少なくもなるよという話です。



■下半期ジャニーズ以外

(7/5 SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition@東京ドーム)
(7/20 テレ朝夏祭りSUMMER STATION「仮面ライダードライブ夏映画スペシャルイベント」)
(7/22 テレ朝夏祭りSUMMER STATION「仮面ライダードライブ/手裏剣戦隊ニンニンジャー映画完成披露イベント」)
(7/22 劇場版仮面ライダードライブ/手裏剣戦隊ニンニンジャー完成披露上映会)
(7/26 テレ朝夏祭りSUMMER STATION「仮面ライダードライブ夏映画スペシャルイベント」)
(7/29 テレ朝夏祭りSUMMER STATION「仮面ライダードライブ夏映画スペシャルイベント」)
(8/8 劇場版仮面ライダードライブ/手裏剣戦隊ニンニンジャー初日舞台挨拶@渋谷 10:10)
(8/8 劇場版仮面ライダードライブ/手裏剣戦隊ニンニンジャー初日舞台挨拶@丸の内 11:50)
(8/8 劇場版仮面ライダードライブ/手裏剣戦隊ニンニンジャー初日舞台挨拶@横浜 17:00)
(8/12 テレ朝夏祭りSUMMER STATION「Mr.マックスマントークショー」)
(8/13 ミュージカル『エリザベート』 18:30)
(8/14 仮面ライダードライブトークショー@和歌山 11:00)
(8/14 仮面ライダードライブトークショー@和歌山 13:00)
(8/14 仮面ライダードライブトークショー@太秦 17:00)
(8/14 仮面ライダードライブトークショー@太秦 18:00)
(8/15 超★超歌劇『幕末Rock』 12:00)
(8/28 劇場版仮面ライダードライブ/手裏剣戦隊ニンニンジャー大ヒット御礼舞台挨拶)
(9/11 劇場版仮面ライダードライブ スタッフトークナイト)
(9/26-27 劇場版仮面ライダードライブ イッキ見オールナイト)
(10/4 仮面ライダードライブファイナルステージ@大阪 10:00)
(10/4 仮面ライダードライブファイナルステージ@大阪 13:30)
(10/4 仮面ライダードライブファイナルステージ@大阪 17:00)
(10/4 仮面ライダードライブファイナルステージ@東京 10:30)
(10/4 仮面ライダードライブファイナルステージ@東京 14:00)
(10/4 仮面ライダードライブファイナルステージ スペシャルver.)
(10/9 魔劇「今日からマ王!」~魔王再降臨~ 19:00)
(10/17 Mr.マックスマン初日舞台挨拶@新宿 23:00)
(10/27 SHINee WORLD J OFFICIAL FANCLUB EVENT 2015@横浜)
(11/19 ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』 19:00)
(11/23 ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』 18:00)
(11/29 ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015-@東京 13:00)
(11/29 ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015-@東京 18:00)
(12/4 仮面ライダーゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス完成披露上映挨拶 17:20)
(12/5 ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015-@福岡 18:00)
(12/6 ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015-@福岡 13:00)
(12/12 仮面ライダーゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス日舞台挨拶@大泉 14:20)
(12/12 仮面ライダーゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス日舞台挨拶@大泉 16:50)
(12/20 稲葉友ファンイベント『話はかわるけど』 12:00)
(12/20 MSSPライブツアー2015@横浜)
(12/22 仮面ライダーゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス スタッフトークナイト)

至極充実したけど二度とやりたくない。

骨の髄を愛する前に

こんにちは、ジャニオタです。


www.adventar.org

この度、しきさん(@shikishaa)によるこんな素敵な企画に参加させて頂くことになった私は、長年沼に両足を突っ込んでいる仮面ライダーの話か、最近ズブッといっているアイドリッシュセブンというソシャゲの話でもしようかなと思っていました。

例えば、この1年間、社会人になってから初めて仮面ライダーを最初から最後までがっつり追いかけたので、単刀直入に向かった現場の数と、それに伴い旅立った諭吉の人数を計算してみるだとか。学生の頃も学生にしては相当追いかけてはいた方だったのですが、やはり使える額が変わってくるとこれが全く違うのですから驚きです。
それから今までソシャゲというものにほぼほぼ課金をしたことのなかった私が初めてアイドリッシュセブンで大きめの額の課金に踏み切ったりした、その決め手になったラビチャという恐ろしいシステムの話だとか。

そう、気軽過ぎる勢いで参加させて頂いた当初はそんな話をしようと思っていたんです。
が、その気軽を引き摺って冗談半分で書いたもう1つの候補にTLでやたら反響を頂いてしまいましたので、上の2つはまたの機会にでも置いておくこととなりました。ネットにおける発言の重みを感じる今日この頃です。


さて、前置きはここまでとして、ここで冒頭の一文を思い出して頂けたらと思います。

私はジャニオタです。
A.B.C-Zを割とまるっと愛でている五関担です。
20代半ばのそれなりに良い歳で、11年というそれなりに長めの年数自担を見てきた訳で、端から見れば「なかなか骨の髄まで自担に浸食され始めている」と思われても否定は出来ないくらいのものではないでしょうか。
そもそも好きという気持ちを前に年齢や年数はさておくべきものだと私は思っているので、今この記事を読んでくださっている皆さんの中には、自分の骨の髄まで自担への愛が染みる程に、それこそ自担の骨の髄すら愛する程に自担のことをお好きだと断言される方もいらっしゃるでしょう。盲目じゃないんだ、ただ心底好きなんだ。


でも、いやいや待て、ちょっと待ってくれ。
少し考えてみて欲しいんです。

骨の髄も大事だけど、その髄を守って形どる骨自体を!

自担の良い部分って沢山沢山ありますよね。
担当だからこそあまり見えない部分に気づいたりして、それを伝えたくなることも多くあると思います。内面になればなる程、見えづらく、周りに言葉として説明しづらい、そんなこともあるでしょう。
ところで、では逆に自担の表面に関してどれだけ正確に説明出来ますか。
ここで私が言う『表面』は、顔面や身体の造形のことです。内面も大事だけれど、自担の顔やスタイルが好きだという想いは何より揺るぎのない『好き』だと私は思います。


はい、じゃあその顔やスタイルの根本って何だと思いますか。

答えは骨。


骨がないと、何も始まらないんですよ!

身長だって骨の長さで決まる!
目や鼻、口の位置だって骨の造りで決まる!
綺麗な肌だって男らしい筋肉だって薄い肉付きだって、ときめく血管だって全部骨の上にある!

「自担の内面や性格が好きだから外見は別に…」
わかる、わかります。だけれどそれだって骨がなければ始まらないのです、基盤がないとシステムは動かない。

それに「自担の手が好き!長い足が好き!自担の体でここの窪みが好き!」よりも、「自担の中手骨が好き!長い大腿骨と脛腓骨が好き!自担の身体で胸鎖関節の窪みが好き!」と言えた方が更に具体的に自担のことが好きな感覚が自分で掴めて満足度も高いような気がするじゃありませんか!
大丈夫です、我ながらひどい導入だなとは思っているし、ついでに2番目は流石にない


要するに、私は大好きな人骨の魅力について、どうせなら皆さんの自担というきっかけから興味を持って頂けたらなと思って、今回は骨の話をすることに決めました。



とはいえ、脳天から爪先まで1つ1つの骨について説明していく訳にはいきません。
まさかとは思いますが、それを求めているのならこの辺りの参考書にでも手をつけてください。

3D踊る肉単

3D踊る肉単


という訳で、ここからは早速簡潔に私がお薦めする骨の話をしましょう。
※この話を読むに辺り、①なるべく露出度が高い(主に首筋手足の)、②手に何か握っていたりする、③顔が斜め下を向いて肩が上がり気味で、④どこかに走り出しそうな、そんなポーズをキメている自担の画像を御用意頂けるとなおのこと分かりやすいかと思います。



では始めて参りましょう!!

アイドルのこの骨がアツい!!~2015冬コレクション~


エントリーNo.1『鎖骨』

まずはなんといっても王道。骨に詳しくなくとも「私鎖骨フェチなんです~~」という方も多いのではないでしょうか。
全く分からない!知らんがな!という方のために説明しておくと、体の前面(腹側)で、喉下辺りから肩の端まで、少し上に向けて対称に2本走る骨が鎖骨(さこつ)です。
お風呂に入った時に水が溜まったりする人もいるんじゃないかな。あれ面白いですよね、何mlいけるか量ったりしたものです。

流石王道とでも言うべきあって、その魅力はひどく伝えやすいものです。
例えば、自担がVネックを着て腕なんかを組んでいたりしたらもう最高!あぐらをかいてちょっと前かがみになっていたりするのも素晴らしい!!その窪み!その浮き出方!掴ませて、ついでに厚さを測らせて!!って叫びたい。
ただやはり個人的には、顔を斜め下に向けて、その延長線上に腕を真っ直ぐ伸ばし、刀等を持っていたりする際の鎖骨がベストショットとして譲れません。
実は、肘を伸ばして腕を少し前方に向けた状態で何かを握っていると、より鎖骨の形が綺麗に浮き出るんですよ。
おまけにこのポーズをとると、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)(耳の下辺りから喉下辺りまでを走る首筋の筋肉)というとても綺麗なラインを見せてくれる筋肉がぐっと存在感を増すという相乗効果…!
照明を斜め上から当てようものなら、骨や筋によって出来る影と肌とのコントラストが絶妙です。
自担が首元肌蹴やすい衣装で殺陣をする機会があったら是非注目してみてくださいね!


どんどんいきます。
エントリーNo.2『肩甲骨』

これも結構王道じゃないかなぁ、背中フェチの延長線上ですよね。
よく天使の羽が~なんて言ったりしますけれど、肩甲骨(けんこうこつ)が正にそれ。体の後面(背側)、背中の上半分にこれまた対称に2つある三角形の骨です。
何もしていなくても浮き出ている人もいるのですが、例えば軍人が偉そうに腰の後ろで手を組んで胸を張っているポーズ。あれをやってもらうと、より分かりやすく体表(※皮膚の上)からその三角形に触れやすくなります。また、動きとしては、腕を真横に開いた状態で掌は前に向けて、そうして腕を上下に動かしてもらうと肩甲骨がその上下に応じて同じくずれて動いているのがよく分かります。
ただ如何せん背中側にある骨なので、上半身裸とかでもないとなかなかしっかりとは目に出来ないんですよね。
勿論薄めのシャツの上からでも何となく浮き出て見えたりはするものですが、どうせならしっかり見たいものじゃないですか。
ですから、もし自担が上半身裸で肩の振りが激しいダンスをしたりだとか、ロープを手繰り寄せたりする機会があれば要チェックですね!

ところでこの骨、三角形の真ん中辺りというのが結構薄くて、力のある人が背後から目一杯パンチすると意外にすぐ折れます。スリル満載。ジャニーズ事務所と一緒だね。


テンション迷子になってきましたがまだまだいくよ!
エントリーNo.3『内果・外果』

どこやねんという心の声が聞こえます。そう、鎖骨や肩甲骨だなんて耳馴染みのある骨はジャブですジャブ。
とはいえ、言い変えてしまえば簡単。この2つは何を隠そう、内くるぶしと外くるぶしのことです。くるぶしというのは通称で、本当の名称は脛骨内果(けいこつないか)と腓骨外果(ひこつがいか)というんですね。

アキレス腱だったり足首の筋肉が発達している人、それかもう逆に細い人だとこの2つの骨はとても際立って見えます。
この両方、正面から見た際の膝下からの足のラインで飛び出ていると何だかとてもかっこよく思えませんか。思えなかったらちょっと読み飛ばして次いこう。
こう、膝下辺りからを片手の親指と人差し指で軽く掴んで下に滑らせていって、その指が足首で引っかかる感じ…!あの引っかかり感最高です、もう一生引っかかっていたい。自担に引っかかってしまったようにその骨にも引っかかりたい。
自担が下駄で足を踏み込むようなポーズをしていたら、しかと御覧ください!
(下駄みたいなバランス取りづらい履物の方が力が入るために浮き出やすいだけで、裸足でもスニーカーでも構いません)


そろそろ飽きてきたでしょうが知りません。
エントリーNo.4『脛骨前縁』

「あれ?脛骨ってさっきの内果の骨じゃないの?」
そう思った貴方は優秀!!そう、さっきの脛骨と全く同じ骨のことです。1つの骨には実は様々な部位があって、そしてそれぞれ名称がつけられているんです。ちなみに脛骨というのは膝の内側から先程の内果(内くるぶし)までの、結構太めな骨を指します。よく簡易的なイラストで、ハロウィンとかに描かれたりする骨のイメージ画像ってありますよね。ちょっと両端が太めになっていて~その端には1つ凹みがあって~真ん中は真っ直ぐの棒で~というような。勿論実際には違う部分も大きいんですが、でもこの骨はまぁまぁあれに近いところがあるなかなかに骨らしい骨なのではないかと思います。

で、今回はその脛骨前縁(けいこつぜんえん)。くるぶし同様にこちらも分かりやすく言いかえると、すねのど真ん中、所謂弁慶の泣き所というやつです。女性だとなかなか出づらいかと思うのですが、男性だとそれこそ先程と同じで少し踏み込んだりした際に、膝下から足首の内側へ真っ直ぐ線が浮き出る人も多いのではないでしょうか。
(実際は骨だけじゃなく筋も見えるんですが、)あれが浮き出るとそれだけ足が長く見えたりするんです、生まれ持ったストライプ効果というやつ。
自担が陸上選手の役とかやってくれたらなぁ、クラウチングスタートで見放題なのに!


そろそろオチを考え始めました。
エントリーNo.5『下顎角~下顎底』

何となく字面でお察し出来た方もいらっしゃるでしょう、そう顎の骨です。したあごのほね、と書いてかがくこつ(下顎骨)と読みます。今回はその骨の部位。(※骨の名称の読み方ついでに豆知識…『頭蓋骨』は世間一般的には『ずがいこつ』と読まれることが多いですが、学問的には『とうがいこつ』が正解です)
その下顎骨の部位である下顎角(かがくかく)~下顎底(かがくてい)というのは耳の下から顎の中央までのライン、輪郭のことです。自分で触って頂くと分かるかと思うのですが、この辺りって本当に体表からすぐ下に骨があるんですよね。だから輪郭が綺麗な人というのは生まれ持ったその骨自体が(勿論骨も成長するため形が変わることもありますが)元より凄く綺麗なラインをしているということ!人間は不公平ですね…でもだからこそ!その綺麗な骨を持って生まれた人にはその価値を大切にしてほしい!脂肪なんてつけたら勿体ない!!言った通り下顎骨はもうすぐそこ!骨がすぐそこ!肥えようもんならすーぐ丸み帯びちゃう!!
皆さんの自担の輪郭が今後変わらずキープされますことをお祈り申し上げます。

余談ですが、私の非常に好みな下顎骨のラインをお持ちなのは菊池風磨くんです。斜め下からの角度がもう最高!なのですけどあの子す~ぐ輪郭乱れるからなぁ。
(余談の余談、私の自担に限ってはもう少し骨と皮膚の間の厚み増しても誰も怒らないと思う)


そろそろ最後にしておこう!
エントリーNo.6『尺骨茎状突起』

もはや字面からの憶測もなかなかに無理がありますね、本当にこの名称を付けた人の気が知れない。そんな散々な言い様ですが、この骨のこの部位、私が人体で3番目に好きなところです!うん微妙!まず掌を下に向けて、腕を前に伸ばしてみてください。この時、肘から小指側の手首の部分まで走っている骨が尺骨(しゃっこつ)です。では更にその尺骨のちょうど手首のところ、ぼこっと浮き出る骨の部位がありますよね。そこが茎状突起(けいじょうとっき)と呼ばれる部位です。

そう、理由なんていらない。何なら語彙力もいらない。でもフォントは大きくして言いたい。男の人がここぼこっとしているのめっちゃかっこいい。
何かを握っている自担のその手、中指の付け根辺りから手首にかけて浮き出る腱(※指伸筋と言います)、そのラインのすぐ脇で新たな人体の抑揚を生み出す尺骨茎状突起がたまりません!!
自担がキーボード担当だったりしたら最高のシチュエーションですよ!!
ありがとうABC座2015!!!(私信)



さて、以上で今回エントリーの骨たちは終了です!自担の画像からこれらの骨の部位、見つけられましたか?そしてこの今挙げた骨以外に「ここかっこいい!好き!」と思った自担の部位は見つかったりしたでしょうか?もし少しでもそんな風に興味を持って頂けたらとても嬉しいです。
勿論体表からこの目で見て判別出来たり、触れられる骨は限られていますが、そんな見えているところも見えないところも全てがその人だけが生まれ持ったものだなんて非常に神秘的ではないでしょうか。人骨は脆いです。けれど、思っている以上になかなかその造形を変えることはありません。その人だけの変わらない財産です。だから隅から隅まで愛を探してみてはいかがでしょうか。骨を大事に!いざビタミンD


貴方にとって誇るべき自担の骨が見つかりますように!!
自担のこの部位が好きなんだけどここの名称って何て言うんですか!?という質問でしたら随時受け付けます。ついでに本当に申し訳ございませんでいた。日本人なのでとりあえず先手必勝で謝っておきます。






ところで、ここまで無駄に読んではみたけれど、やっぱり骨はちょっと…という方へ。

『アイドルのこの筋・腱・関節がアツい~2015冬コレクション~』に興味がありましたら御一報ください。今回は骨ではないという点から紹介出来なかった、私が人体で2番目に、そして1番に好きな部位のお話も合わせて御紹介しましょう!


なお、これを書いた人は病院で骨に関するお仕事をしていますが、普段こんなことを考えながら仕事をしている訳ではないので御安心ください。

回りくどく2人のソロをお薦めする話

先月半ば、A.B.C-Z early summer concertが大阪にて最終日を迎えた。

そのセットリストの1曲である橋本良亮のソロ、アルバム『A.B.Sea Market』収録曲の「stay with me♡」。
A.B.C-Z名物のペンラ芸によりメインステージに赤一色の波が打ちつけ、そのステージ上に真っ白なタキシードに身を包み、真っ赤な薔薇の花束を携えた橋本良亮がいる。
そこで、彼は少し緊張したような面持ちでこう言うのだ。

「なんでこんな格好をしているかって、皆の王子様になりたいからです。1日だけでも…2、3分の曲の中だけでも、皆さんをシンデレラにしようと思って。頑張ります。」

まさしく王子様と呼ぶに相応しい演出とその出で立ちだった。


ここで、ふと中島健人が私の頭を過った。
A.B.C-Zの今公演スタートと入れ替わりのようにオーラスを迎えたSexy ZoneのSexy Power Tour。今回のアルバム『Sexy Power 3』及びセットリストにおいて、年上3人には各々2曲のソロが与えられた。うち中島の一方の曲が「Black Cinderella」である。黒いロングコートとハットを身につけ、ガラスの靴を前に歌い踊る演出。

お分かりだろうか。
奇しくも、両者テーマにシンデレラが存在しているのだ。



ここでさらっと2人についておさらいしておこう。

2008年4月、中島健人は自らの意思でジャニーズ事務所に入所する。動機は御存知、"Hey!Say!JUMPの山田涼介に憧れて"。

中島は入所後すぐにB.I.Shadowというグループに属し、ある程度の紆余曲折はありつつもSexy Zoneとして2011年11月にデビューする。入所からシンメとして日々を共にしていた菊池と共に彼は最年長としてグループを背負うこととなった。デビューまでたったの3年半。当人の胸中はどうあれ、端から見てしまえばとんでもないエリートコースである。

さて、そんな中島が憧れた山田が所属するJUMP結成は中島が入所する約半年前の2007年9月。そしてそれは恐らく山田の同期である橋本が、ジャニーズ事務所に入って初めての大きな屈辱を味わった日だった。
私がこの当時追っていたのはA.B.C.であったが、このデビューグループ結成から橋本を始めとする数人が漏れたという事実は端から見ていても相当な衝撃があった。*1

ともあれその後橋本は、翌年である2008年8月A.B.C.に加わる形として結成されたA.B.C-Zに加入。この時A.B.C.の最年長である五関は23歳、最年少の河合ですらあと2ヶ月弱で21歳になるところだった。彼は15歳にして年齢も経験も技術も大きくかけ離れた4人のメンバーにとっての最年少となったのだ。
そして、2012年2月にようやくのデビューを掴むこととなる。入所からの期間は7年4ヶ月、少なくともデビュー組の同世代や同期ではなかなかに大きな数字だろう。


さて、簡単な流れだけを記したけれど、こうして事実だけ並べてしまうとどこまでも対極に位置するこの2人。入所時期は橋本が大きく先輩だけれど、デビューは中島が幾分先、そして年齢としては同学年。更にグループでのお互いのポジションは最年少と最年長。恐らく性格的にもどちらかというと似ていない部分が多く、努力は一致すれど背負ったものも抱えたプレッシャーも全く種類の違うものだっただろう。

そして、ジャニーズにおける王子様の定義を考察するのはまた別の機会にしておくとして、この2人は今回のテーマに関しても少なくともほぼ逆ベクトルの王子様だ。

中島健人は今や言わずも知れたラブホリ王子様である。それについて今更の説明は野暮だろうし、あの生態を論理的に説明することは私には不可能であるから該当担宜しく。

そんな彼のソロ曲「Black Cinderella」と、橋本のソロ曲「stay with me♡」。この2曲、是非歌詞を見ながら曲を聴き比べてほしい。
Sexy Zone(中島健人)/歌詞:Black Cinderella/うたまっぷ歌詞無料検索
A.B.C-Z(橋本良亮)/歌詞:Stay with me■/うたまっぷ歌詞無料検索
どうやら素性の知れないアグレッシブなシンデレラに弄ばれている中島王子。*2 片や、ふと現れた想いを寄せる彼女を自らのシンデレラにと願う橋本王子。恐らく前者のシンデレラは間違いなく故意にガラスの靴を落としていくし、後者はガラスの靴を落とすまでもなく2人で夢の国でハッピーエンドを迎えそうな印象を受ける。
冒頭に彼の言葉を記したように、橋本は「私たちをシンデレラにする」ために自らも王子様になることを決めた王子様だ。それに対し、中島はどちらかというと「君たちは生まれながらのシンデレラだよ♡」とウインクでも飛ばしそうな同様に生まれながらの王子様。流石のラブホリ。
作詞に関しても、橋本は「歌詞は夢の国の恋愛を想像して書きました。シンデレラにプロポーズをして12時を過ぎても魔法が消えない…みたいなイメージです」と、また中島は「作詞は楽しかった!特に相手は年上というように限定していなくて、無理めの女性にしてやられるようなイメージで」というようにインタビューで述べている。どこまでも夢を見せてくれる橋本王子も素敵だけれど、夢より猪突猛進なラブホリックを際立たせる中島王子はむしろそれこそが夢見がちでそこが良いのかもしれない。愛のために夢と魔法を覚えて王子様になった男と、王子様なのに夢と魔法が効かない恋に溺れる男。
対極のアイドルが考え出した対極の王子様。同じシンデレラというテーマを用いてここまで対極な作詞をした同い年が存在するなんて凄く面白いと私は思う。


明日7月15日、一足先に橋本が22歳を迎える。*3
各グループの最年少と最年長でありながら同い年であるという2人の王子様はこれからそれぞれどんな物語を紡いでくれるのか。ここは是非彼らのシンデレラになっておとぎ話を眺めてみたい、きっと更に面白くて興味深い2つの世界が見せてもらえそうな気がする。


Sexy Power3 (通常盤)(CD ONLY)

Sexy Power3 (通常盤)(CD ONLY)

A.B.Sea Market(通常盤)

A.B.Sea Market(通常盤)




余談。

ところでこの2人、2013年に「BAD BOYS J」という作品で共演をしていたりする。その役どころはライバル関係!まぁなんておいしい!キスマイのニカちゃんもいるよ!もひとつおまけにおいしい!Jr.も沢山!満腹!!

暑い夏のお供にアツいドラマと映画はいかがでしょうか(宣伝)

*1:そんな他人事が翌年に他人事では片付けられなくなることを当時の私は知る由もない。

*2:分かりやすく「黒服物語」に感化されている。

*3:22歳の橋本良亮が8月末に行うソロコンのテーマは「光と影」、その理由は自分の中で白い王子様である健人と黒い王子様である風磨のイメージから、自らはそのどちらをも見せたいと思ってのことだそう。何色の王子様になるのか、とっても興味あるよね?